トップ

賃貸契約の際の保証人について

賃貸契約の保証の事

アパート

家を賃貸する際の保証人

家を購入することはある主ステータスであり、かつては多くの人がマイホームを持つことに憧れを持っていました。マイホームは資産であり住み続けることができる為これまでは支持されてきましたが、逆に持ち家の場合、何かトラブルがあった際でもその場を動くことが難しいというデメリットがあることも事実です。そういった考え方や昨今の未婚・晩婚化の流れもあり賃貸を選択する人も現実に多くいます。この場合連帯保証人が必要となることがありますが、最近は保証会社というものが存在し保証人を肩代わりしてくれます。特に身寄りのない高齢者の入居の場合は保証人を立てることが難しい場合がある為、手数料を払ってでもこういった保証会社を利用することは検討の余地が十分にあると言えます。賃貸も借りやすくなりました。

保証会社の役割とは何か

賃貸物件を借りたい時に、連帯保証人が諸事情により、いないという方がいると思います。保証会社は、このような諸事情がある方の為に、連帯保証人の役割をしてくれます。また物件オーナーによっては、あえて保証会社にしてほしいという方もいます。賃貸物件を借りる時に、連帯保証人がいないと悩まれないで、気軽に仲介業者に相談する事をお勧め致します。そうすることにより、連帯保証人必須の店舗物件や居住物件であってもオーナーに掛け合ってくれます。また連帯保証人をたてる時よりも、条件が緩和される事もあり、借主にとっても初期費用を抑える事もできるからです。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の保証人について. All rights reserved.